TGアフィリエイト

TGアフィリエイトマーチャント規約
 
本規約は、リンクシェア・ジャパン株式会社(以下、「当社」という。)が運営・管理するインターネット上のサービス『TGアフィリエイト』(以下、「本サービス」という。)の広告主(以下、「マーチャント」という。)の利用に関し、当社とマーチャントとの関係について定める。

■第1条(定義)
本規約において使用される各用語は、それぞれ次の各号に定める意味を有するものとする。
(1) 「広告」とは、本サービス上でアフィリエイトサイト等に掲載されるマーチャントのバナー広告、テキスト広告、メール広告その他一切の種類の広告で、クリックすることによりリンク先の露出が行われるものをいう。
(2) 「リンク先」とは、マーチャントが運営・管理するインターネット上または携帯電話上のウェブページで、マーチャントの広告からのリンクが張られたものをいう。
(3) 「アフィリエイト」とは、自己が運営・管理するインターネット上もしくは携帯電話上のウェブページまたは電子メールマガジンを本サービスに登録し、マーチャントの広告を自己のアフィリエイトサイト等に掲載する個人または法人をいう。
(4) 「アフィリエイトサイト等」とは、アフィリエイトが本サービスに登録した、自己が運営・管理するインターネット上もしくは携帯電話上のウェブページまたは電子メールマガジンをいう。
(5) 「アフィリエイト報酬」とは、アフィリエイトが自己のアフィリエイトサイト等でのマーチャントの広告の掲載による成果の対価として受取る金銭またはこれに代わる報酬をいう。
(6) 「成果対象」とは、マーチャントが定める、アフィリエイトサイト等の利用者(以下、「ユーザー」という。)の商品購入、資料請求、会員登録その他の行為で、成果の候補となるもののうち、アフィリエイトシステム上に記録されたものをいう。
(7) 「成果承認作業」とは、個々の成果対象に対する承認または否認を決定するために行われるコンピューター上の作業をいう。
(8) 「成果」とは、成果対象のうち成果承認作業によって承認されマーチャントのアフィリエイト報酬の支払義務が確定したものをいう。
(9) 「管理画面」とは、本サービスにおいて当社がマーチャントに提供する、マーチャントが成果承認作業その他本サービスに関連するデータの閲覧の目的で利用できるウェブページをいう。
(10) 「提携」とは、本サービス上でマーチャントとアフィリエイトとの間で行われる、マーチャントの広告のアフィリエイトサイト等での掲載に関する合意をいう。
(11) 「申込書」とは、マーチャントが当社との取引条件等の必要事項を記入して記名捺印の上当社に提出する、当社所定の本サービスへの登録申込用紙をいう。
(12) 「本サービス料金」とは、本サービスに関連してマーチャントが当社に支払う料金を総称していう。
(13) 「初期設定費」とは、本サービス料金のうち本サービスの開始時に当社が受取る部分をいう。
(14) 「月額管理費」とは、本サービス料金のうち当社が一ヶ月単位で受取る部分をいう。
(15) 「TGコミッション」とは、本サービス料金のうち当社が自己の手数料として受取る部分をいう。
(16) 「アフィリエイトコミッション」とは、本サービス料金のうち当社が将来アフィリエイトにアフィリエイト報酬として支払う部分をいう。
(17) 「オプション費用」とは、本サービス料金のうち第13号から第16号までの費用以外の部分を総称していう。
(18) 「アフィリエイトシステム」とは、本サービスを構成するサーバー、コンピュータープログラム、ソフトウェア等を総称していう。

■第2条(登録)
1. 本サービスの利用を希望する広告主は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報を記載した申込書を提出することにより、本サービスに広告主としての登録を申請することができる。
2. 当社は、次の各号のいずれかに該当する広告主に対しては、その登録を拒絶することができる。
(1) 自らまたは第三者を利用して、当社またはアフィリエイトに対し、暴力的行為、詐術、脅迫的言辞、業務妨害行為などの行為をした者。
(2) 自己またはその役員ないし使用人が、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体またはその関係者、その他反社会的勢力(以下、あわせて「反社会的勢力」という。)である者。
(3) 反社会的勢力と交流、資金・便宜の提供、取引等を行っている者。
(4) その他当社が登録を不適当と認めた者。
3. 当社は、新規登録に対して行う審査の結果について、詳細を開示する義務を負わないものとする。また広告主は、その結果に対し異議申し立てはできないものとする。
4. 当社から広告主に登録完了FAXを送付し、IDとパスワードを発行したことをもって登録が完了したものとする。登録完了により、マーチャントの本サービスの利用が許諾され、また当社のマーチャントに対する本サービスの提供が開始されるものとする。

■第3条(登録解除・再登録)
1. マーチャントは、30日前までに当社所定の手続を行うことにより、いつでも本サービスの登録を解除することができる。登録解除は、マーチャント本人がその責任において、当社へ届出るものとし、当社が登録解除完了通知を発した時に完了したものとする。
2. 当社は、マーチャントが次の各号のいずれかに該当する場合は、マーチャントに書面または電子メールで通知することにより、何らの催告を要せずマーチャントをただちに登録解除させることができる。
(1) 本規約に違反した場合。
(2) 登録後に前条第2項各号のいずれかに該当することが判明した場合または該当するおそれがあると当社が判断した場合。
(3) 支払停止もしくは支払不能となり、または破産手続開始、民事再生手続開始会社更生手続開始その他これらに類する手続開始の申立があった場合。
(4) 振出しまたは引受けた手形または小切手が不渡りとなった場合。
(5) 仮差押え、仮処分、差押えまたは競売の申立を受けた場合。
(6) 公租公課の滞納処分を受けた場合。
(7) 解散、清算(合併による清算を除く。)または事業の全部もしくは実質的に全部を第三者に譲渡した場合。
(8) 監督官庁から営業停止または営業免許もしくは営業登録の取消等の処分を受けた場合。
(9) 資産、信用状態が悪化し、またはそのおそれがあると認められる相当の理由がある場合。
3. マーチャントに前項のいずれかの事由が生じた場合、マーチャントの当社に対する債務は当然に期限の利益を失い、マーチャントは全ての債務をただちに当社に弁済しなければならない。
4. 登録解除と同時に、当社のマーチャントに対する本サービスの提供も当然に終了するものとする。
5. 第1項により本サービスの登録を解除した者は、本規約を遵守することを条件として、いつでも本サービスに再登録を申請することができる。

■第4条(本サービスの内容)
  マーチャントの本サービスの利用期間中に当社がマーチャントに対して提供する本サービスの内容は、次の各号に定める通りとする。
 
(1) マーチャントとの提携を希望するアフィリエイトが運営するアフィリエイトサイト等の紹介。
(2) リンク先でのユーザーの行動を追跡するシステムの提供。
(3) 管理画面を通じての本サービスに関する情報等(ユーザーに関するものを含む。)の提供。

■第5条(提携)
1. マーチャントは、本サービス上で当社の定める方法により、自己の判断において、いつでもアフィリエイトとの提携または提携の解除を行うことができる。
2. マーチャントは、本サービスの利用期間中および終了後も、当社の事前の書面による承諾を得ることなく、本サービスを介して提携したアフィリエイトと、本サービスを介さずに直接広告の掲載に関する取引を行ってはならない。

■第6条(広告の掲載)
1. マーチャントは、本サービスを通じて掲載する広告を自己の費用において制作し、当社に引き渡すものとする。
2. マーチャントは、必要に応じて当社に広告の制作を依頼することができる。この場合も、広告制作に要する費用はマーチャントの負担とする。
3. 当社は、マーチャントの広告の内容が、当社が別途定める広告掲載基準を満たしていないと判断した場合、または当社、マーチャントもしくはアフィリエイトの関連する法規に違反していると判断した場合は、マーチャントに対して広告の内容の変更を求めることができる。マーチャントがこの求めに応じない場合は、当社は本サービスの停止、またはアフィリエイトサイト等への広告掲載の停止をすることができる。また、当社は、いかなる場合も、マーチャントの広告の内容についてその一切の責任を負わないものとする。

■第7条(成果対象等の変更)
  マーチャントは、成果対象の内容または成果に基づくアフィリエイト報酬の単価を変更する場合は、変更後の内容を変更希望日の7日前までに当社に書面または電子メールにより通知するものとする。

■第8条(成果承認作業)
1. マーチャントは、発生した成果対象に対する成果承認作業を行うにあたり、原則として成果対象を承認し成果を確定するものとする。ただし、次の各号のいずれかの事由に該当する場合は、成果対象を否認することができる。
(1) 虚偽、架空または他人の名義等を用いて成果対象が行われた場合。
(2) マーチャントが定める規約等に反して成果対象が行われた場合。
(3) 成果対象が発生後ユーザーによって取消された場合。
2. マーチャントは、成果承認作業を有償で当社に委任することができる。この場合、マーチャントは当社の行った成果承認作業について異議を申立てることはできない。
3. マーチャントは、管理画面でアフィリエイトサイト等の成果対象のデータを受理した日から起算して30日以内に、個々の成果対象について成果承認作業を行うものとする。
4. マーチャントが前項の期間内に成果承認作業を行わない場合は、マーチャントが全ての成果対象を承認したものとみなす。
5. マーチャントは、第3項の期間の経過後に成果対象の否認を行うことはできない。
6. マーチャントは、成果承認作業により確定した成果を自ら取消すことはできない。

■第9条(本サービス料金)
1. マーチャントが当社に対して支払う本サービス料金の内訳は、初期設定費、月額管理費、TGコミッション、アフィリエイトコミッションおよびオプション費用とする。ただし、申込書に別段の記載がある場合はこの限りではない。
2. マーチャントが支払う本サービス料金の算定基準は、当社が別途定める本サービスの料金表による。ただし、当社マーチャント間で料金算定に関する別段の定めがある場合はこの限りではない。
3. マーチャントは、当社発行の請求書に基づいて、本サービス料金およびこれに関わる消費税および地方消費税額を、当社の指定する銀行口座への振込送金により支払うものとする。振込手数料等支払に要する費用は、マーチャントの負担とする。
4. その他本サービス料金に関する事項については、申込書の記載に従うものとする。
5. マーチャントは、本サービスにおいて当社を介さずにアフィリエイトに対して直接アフィリエイトコミッションの支払を行ってはならない。

■第10条(保証金)
1. マーチャントは、本サービスの利用開始時に、保証金を当社の指定する銀行口座への振込送金により当社に預託するものとする。振込手数料等預託に要する費用は、マーチャントの負担とする。
2. 保証金の金額は、申込書に記載するものとする。ただし、次の各号に該当する場合、当社は、本サービス利用開始後に保証金の金額を増額または減免することができるものとし、マーチャントは、正当な理由があり当社が認めた場合を除き、これに応じるものとする。
(1) 本サービス料金が改訂されたとき。
(2) 民間信用調査機関の提供する情報等において、マーチャントの信用に変動があったとき。
(3) その他、当社が必要と認めたとき。
3. 前項により保証金の金額が増額されたときは、マーチャントは、速やかに増額分を第1項に準じて当社に預託するものとする。また、前項により保証金の金額が減免されたときは、当社は、速やかに減免分をマーチャントの指定する銀行口座への振込送金により返却するものとし、振込手数料等返却に要する費用は、当社の負担とする。
4. 当社は、マーチャントから保証金を預託された場合は、本サービスの登録解除後においてマーチャントから本サービス料金の売掛債権の最終の弁済を受けた日から起算して30日後に、マーチャントから預託された保証金を前項後段に準じて返却するものとする。
5. 当社は、マーチャントが前項に定めるマーチャントの銀行口座の当社に対する通知を怠ったことによる保証金の返却の遅延または不履行に対して、その一切の責任を負わないものとする。
6. 当社は、マーチャントに対して本サービス料金の売掛債権その他請求権を有している場合は、本サービスの終了時または本サービス期間内に、マーチャントの承諾なく本条に定める保証金の預り債務をこれらの債権と相殺することができる。
7. 本条に定める保証金は、これを無利息とする。
8. マーチャントは、保証金の返還請求権に質権等担保権を設定し、またはこれを第三者に譲渡してはならない。

■第11条(支払遅延時の措置)
(1) マーチャントが当社に対して現実に支払った本サービス料金の金額がマーチャントの支払うべき金額に満たない場合は、当社の別段の意思表示がない限り、発生の早い順に、また同一回の請求分においては、初期設定費、月額管理費、オプション費用、TGコミッション、アフィリエイトコミッションの順に充当されるものとする。
(2) マーチャントは、当社に対する本サービス料金の支払を遅滞した場合は、未払金額の総額に対する年率14.6%の遅延損害金を本サービス料金に加算して当社に支払うものとする。
(3) 前項の遅延損害金の算出方法は、本サービス料金の支払期日の翌日からマーチャントの未払債務の弁済完了の日までの日割計算とする。
(4) 当社は、マーチャントが本サービス料金の支払または第10条に定める保証金の預託を遅延し、催告後相当期間になお当該支払または預託を行わない場合は、マーチャントに通知することにより、ただちにマーチャントに対する本サービスの提供を中止することができる。

■第12条(本サービスの停止・中止)
1. 当社は、マーチャントに事前に告知することにより、アフィリエイトシステムの保守点検その他当社が必要と判断する場合は、本サービスの一部または全部を停止することができる。
2. 当社は、アフィリエイトシステムに突発的な障害等が発生した場合は、マーチャントへ事前に告知することなく本サービスをただちに停止することができる。
3. 当社は、自己の営業上の重要な変更があった場合は、マーチャントへ30日前までに告知することにより本サービスを中止することができる。
4. 前三項の場合、当社は、その理由にかかわらず、本サービスの停止または中止によりマーチャントが被った損害に対して、その一切の賠償責任を負わないものとする。

■第13条(本サービスの終了)
  マーチャントは、本サービス終了日の30日前までに当社に対して書面または電子メールにより通知することにより、本サービスを終了することができる。

■第14条(第三者による本サービスの利用)
  当社は、管理画面の閲覧等に必要なマーチャント固有のIDまたはパスワードを、第三者が用いて本サービスを利用した場合は、これをマーチャントの本サービスの利用とみなし、これによってマーチャントが損害を被った場合も、その一切の賠償責任を負わないものとする。ただし、当社の責に帰する事由により当該IDまたはパスワードが外部に流出しマーチャントが損害を被った場合はこの限りではない。

■第15条(知的財産権等)
1. マーチャントは、本サービス(アフィリエイトシステムを含む。)に関わる全ての権利(所有権、知的財産権等を含むが、これらに限定されない。)が当社に帰属することを確認し、これらの権利の侵害により当社に損害を与えた場合は、その全額を当社に賠償しなければならない。
2. マーチャントの本サービスの利用は、当社のマーチャントに対する本サービス(アフィリエイトシステムを含む。)の発明、考案、創作、標章、ノウハウ等の実施・使用権もしくは著作物の利用権の許諾または譲渡を意味するものではない。
3. マーチャントは、アフィリエイトシステムに対して変更、改作または翻訳を行ってはならず、またリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルその他の方法を用いてソースコードの解明を行ってはならない。

■第16条(紛争処理)
  マーチャントが本サービスに関連してアフィリエイトもしくは第三者からクレームを受け、またはそれらの者との間で紛争を生じた場合は、マーチャントが自己の負担および責任においてその解決にあたるものとし、当社はその一切の責任を負わないものとする。また、マーチャントは、当社が当該クレームまたは紛争によりアフィリエイトまたは第三者に対して損害賠償その他の金銭的出損を余儀なくされた場合は、その全額を当社に賠償しなければならない。ただし、当社の責に帰する事由により当該クレームまたは紛争が発生した場合はこの限りではない。

■第17条(損害賠償)
1. 当社およびマーチャントは、本規約中に別段の定めがある場合を除き、第3条第2項各号(第1号および第2号を除く。)のいずれかの事由により相手方に損害を与えた場合は、登録解除の有無にかかわらず、直接の結果として現実に相手方が被った通常の損害に限り賠償責任を負う。
2. 当社は、第3条第2項第1号または第2号によりマーチャントを登録解除させた結果、マーチャントに損害を与えても、一切の賠償責任を負わない。

■第18条(不可抗力)
  当社およびマーチャントは、自己の合理的な支配の及ばない状況(火事、停電、ハッキング、コンピューターウィルスの侵入、突発的なアフィリエイトシステムの停止、地震、洪水、戦争、通商停止、ストライキ、暴動、物資および輸送施設の確保不能または政府当局による介入を含むが、これらに限定されない。)により本規約上の義務の履行が遅延した場合は、その状態が継続する期間中は相手方に対して債務不履行責任を負わないものとする。

■第19条(秘密保持)
1. 本規約において「秘密情報」とは、本規約に関連して一方当事者が相手方から口頭、書面その他の記録媒体等により提供もしくは開示されたかまたは知り得た、相手方に関する技術、営業、業務、財務、組織に関する全ての情報を意味する。ただし、次の各号に定める情報は、秘密情報から除外する。
(1) 相手方から提供もしくは開示がなされたとき、または知得したときに既に一般に公知となっていた、または既に知得していた情報。
(2) 相手方から提供もしくは開示がなされた後または知得した後、自己の責に帰せざる事由により刊行物その他により公知となった情報。
(3) 提供または開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得した情報。
(4) 秘密情報によることなく単独で開発した情報。
(5) 相手方から秘密保持の必要なき旨を書面で確認された情報。
2. 当社およびマーチャントは、秘密情報を本規約の目的のみに利用するとともに、相手方の書面による承諾なしに第三者に相手方の秘密情報を提供、開示または漏洩してはならない。
3. 前項の規定にかかわらず、当社およびマーチャントは、法令または裁判所もしくは政府機関の強制力を伴う命令、要求もしくは要請に基づき、相手方の秘密情報を開示することができる。ただし、当該命令、要求または要請があった場合は、すみやかにその旨を相手方に通知しなければならない。
4. 当社およびマーチャントは、秘密情報を記載した書面その他の記録媒体等を複製する場合は、事前に相手方の承諾を得ることとし、複製物については第2項に準じて取り扱うものとする。
5. 当社およびマーチャントは、本規約の終了時または相手方から求められた場合はいつでも、相手方の指示に従い、秘密情報ならびに秘密情報を記載または包含した書面その他の記録媒体およびその全ての複製物を遅滞なく返却または廃棄するものとする。

■第20条(個人情報)
1. マーチャントは、本サービスの過程で知り得たアフィリエイトの個人情報およびユーザー(氏名、住所、電話番号その他当該個人に関するあらゆる情報を意味する。)を、個人情報保護に関する法律および当社のプライバシーポリシーに基づいて適切に利用および管理するものとし、個人情報の主体の承諾等の適切な手続を経ずに第三者に開示または漏洩してはならない。
2. マーチャントは、法令に基づく場合またはアフィリエイトが同意した場合を除き、アフィリエイトの個人情報の開示を当社またはアフィリエイトに対して求めることができない。

■第21条(通知)
1. マーチャントは、本サービスの登録申請時に当社に通知した自己の情報に変更が生じた場合は、ただちに変更後の情報を書面または電子メールにより当社に通知するものとする。
2. 当社のマーチャントに対する通知は、本サービスの登録申請時にマーチャントが当社に通知したマーチャントの電子メールアドレス宛に電子メールを発信することにより、マーチャントに通常到達すべき時に到達したものとみなす。

■第22条(本規約の改定)
1. 当社は、本規約の内容をマーチャントの事前の承諾なくいつでも変更することができる。この場合、当社は変更後の本規約を当社のウェブページ上ですみやかに告知するものとする。
2. 変更後の本規約の効力は、当社が本規約の変更を当社のウェブページ上で告知した時点から発生するものとする。
3. マーチャントは、変更後の本規約の内容に同意しない場合は、当社所定の期間内に当社所定の手続を行うことにより本サービスの登録を解除することができる。
4. 当社による第1項に基づく当該変更内容の告知後、マーチャントが本サービスを利用した場合または当社所定の期間内に登録解除の手続をとらなかった場合には、マーチャントは、本規約の内容の変更に同意したものとみなす。

■第23条(権利義務の譲渡)
1. マーチャントは、当社の書面による事前の同意なしに、本規約の契約上の地位または本規約に関連して発生する権利もしくは義務について、第三者に対する譲渡、担保設定その他の処分を行ってはならない。
2. 当社は、本サービスの事業を第三者に譲渡する場合(会社分割等実質的に事業を譲渡する場合を含む。)は、事前にマーチャントに通知することにより、本規約の契約上の地位または本規約に関して発生する権利もしくは義務について、第三者に対する譲渡、担保設定その他の処分を行うことができる。

■第24条(調査)
  マーチャントは、当社が随時行う、第2条第2項各号に関する調査に協力し、当社から求められた資料等を提出しなければならない。

■第25条(効力)
  本規約は、マーチャントが本サービスに登録を完了した時点からマーチャントの登録解除時点まで当社およびマーチャントを拘束する。ただし、第3条第3項、第5条第2項、第9条(未払金額がある場合)、第10条第2項および第3項(未返却保証金がある場合)、第11条(未払金額がある場合)、第16条から第21条まで、第23条、第25条および第26条の規定は、マーチャントの登録解除後も当社およびマーチャントを拘束する。

■第26条(準拠法および合意管轄)
  本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関連して生じた紛争については、訴額に応じて東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

■第27条(協議事項)
  マーチャントは、本規約に定めのない事項および解釈の疑義については、法令の規定および慣習に従う他、当社と誠意をもって協議解決を図るものとする。



2010年5月1日 改定